物忘れなどはサプリで解決【サプリタップリ身体健康】

痛風が危険な季節

痛風の症状

痛風は風が吹いても痛いと例えられ、発症した場合立てないため救急車で運ばれることもあります。中年男性に多いとされてきましたが、近年では若い男性や女性でも発症することが増えつつあります。 特に女性の場合女性ホルモンにより守られているはずですので男性より発症しにくいですが、一度発症すると薬が若干効きにくい傾向にあります。 痛風は食生活を気を付けることで発症を未然に防ぐこともできます。 またロキソニンなどの医薬品で一時的に抑えることができます。 痛風の初期症状は主に足の親指付け根に違和感を感じることです。 数回このようなことが起こると一度受診された方が痛い思いに苦しまなくてもいいかもしれません。 尿酸値を測定すれば、だいたい見当つくため診断が比較的簡単です。

食事に気を付ける

痛風は夏に多く発症します。それはほとんどの場合脱水状態になったか、すきっ腹にビールを飲むことが多いです。 脱水症状になると痛風の原因となる小さな結晶が排泄されずつまり易くなるためです。 食事はきちんと3食規則正しくとるだけでも効果的です。肉や魚などのタンパクは痛風の原因になると言われていますが、それだけではなかなか発症まではしません。昔から言われている海藻類はミネラルなども含まれており血液を中性に近づけるため効果的です。 運動も大切です。適度な汗をかくことで血行が良くなり痛風の原因となる小さな結晶が排泄されやすくなります。 もし飲み会などでビールを飲むときは乾杯の時はノンアルコールビールを飲み、少し食べ物を食べてからビールを飲むと痛風のリスクがかなり減少します。